更年期障害の検査方法は、大きく分けて3つあります。 ・血液検査 ・骨量検査 ・心理検査 更年期障害かどうか調べるために、血液の中に含まれるホルモン量を検査します。 これを血液検査といい、血液の中に含まれるエストラジオール、卵胞刺激ホルモン、黄体化ホルモンなどを検査し、異常がないか調べるのです。 また、骨粗しょう症かどうかを調べるために骨量検査を行います。 更年期になると骨量が少なくなり、骨粗しょう症になる可能性が高くなるため、更年期障害の検査時に骨粗しょう症予防として行われることが多いです。 そして、心理状態を確認するために、心理検査も行われるでしょう。 ストレスなどの精神的なものが原因で更年期障害を引き起こしているケースが多いため、専門医が検査を行い、どういったことが原因かを特定するわけです。 一般的に、このような方法で更年期障害かどうか検査します。 45歳〜55歳くらいの方で、何か異変を感じた場合は、更年期障害の可能性があるので、早めに医療機関で検査されてください。